10%法のやり方や実例を解説|オンカジ口コミ.net|カジノ必勝法

トップカジノ攻略方法10%法のやり方や実例を解説

10%法のやり方や実例を解説

ギャンブルの攻略法は数多くありますが、中でもメジャーなもののひとつに「10%法(テンパーセント法)」があげられます。

10%法のやり方はとてもシンプルで、名前が表す通り手持ち資金の10%をベットしてゆく方法です。

ほとんどのゲームで活用することができるうえに、わかりやすいので、オンラインカジノを始めたばかりの方でも、なんなく実践できるでしょう。

10%法の特徴は、なんと言っても堅実なベットコントロールにあり、着実に資金を増やしたい場合にぴったりの攻略法です。

この記事では、10%法のやり方、効果的に使えるオンラインカジノゲーム、10%法を実践するときに「気を付けなければいけないポイント」や「メリット」などを解説していきます。

オンラインカジノのルーレットで、実際に10%法を用いた検証結果も紹介しているので、最後までお付き合いください。

のページは、「10%法」以外にもたくさんの攻略法を紹介しているので、興味がある方はぜひご覧下さい。


10%法とは?

ではこれより、10%法(テンパーセント法)について解説していきます。

ベースとなる考え方は単純で、手持ちの資金の10%を賭けていく方法です。

f:id:oncasikuchikomi:20200706150457j:plain

手持ちの資金の10%をベットしていくため、一度の勝負で資金が消え去るようなことはありません。

パーレー法の場合は、ベットする金額によって、一度の負けでも資金がゼロになってしまう可能性がありますが、10%法ではこんなことは起こりません。

f:id:oncasikuchikomi:20200706150546j:plain

上の表にまとめてありますが、負けるごとに賭け金は少なくなり、勝つたびに賭け金が大きくなることが、お分かりいただけると思います。

10%法は理論上、資金が底を突くことがないためリスクが少なく、手堅い攻略法と言えるでしょう。


10%法をいろいろなゲームで実践

ベッティングにはさまざまな方法がありますが、ゲームによって向き、不向きがあります。

しかし、この10%法は、ビデオスロット以外の全てのカジノゲームで適用可能です。

10%法の大きな魅力は、ルーレットの一点賭け(ストレートアップ)や、 SICBO(タイサイ・大小)のトリプルベットなど、当選確率が低いベットにも安心して賭けることができるので、当たりをひいたときは、大きな配当を手にすることができる点です。

以下の動画では、ルーレットをプレイしながら10%法を実践しています。

わかりやすく解説している動画なので、これ以降の文章と合わせて参考にしてください。

10%法をルーレットで実践

f:id:oncasikuchikomi:20200706150634j:plain

ルーレットは、ホイール(回転盤)のどの数字にボールが入るかを予想するゲームです。

ルーレットはさまざまな賭け方に10%法を適用することができますが、 今回は分かりやすい「赤/黒ベット」を例に説明していきます。

現在の資金は100ドルであるのがお分かりいただけると思います。

f:id:oncasikuchikomi:20200706150720j:plain

賭け方は分かりやすく「赤/黒ベット」を選びました。

f:id:oncasikuchikomi:20200706150800j:plain

この時の賭け金は、手持ち資金の10%(この場合100ドルの10%)の10ドルです。

勝負に勝てば20ドルを獲得、もし負けても90ドルの資金が手元に残っています。

f:id:oncasikuchikomi:20200706150854j:plain

f:id:oncasikuchikomi:20200706150951j:plain

見事的中しました!

資金が110ドルに増えています。

「赤/黒ベット」以外にも、いろいろなベッティングで活用することができる、汎用性の高い攻略法です。

・ストレートアップで10%法(1%法)を活用

ルーレットで一つの数字をターゲットして、10%ずつ賭けていけば、連続して負けてもそれほど大きな損失はなく、当選した場合は大きな配当を手にすることができます。

資金の1%ずつをベットするなど、自分なりのアレンジもできて面白いですね。

f:id:oncasikuchikomi:20200706151042j:plain

・ダズンベットで10%法(5%法)を活用

ルーレットで12種類の数字をターゲットして、10%ずつ賭けていけば、連続して負けてもそれほど大きな損失はなく、的中した場合は大きな配当を手にすることができます。

資金の5%ずつをベットするなど、自分なりのアレンジも可能です。

f:id:oncasikuchikomi:20200706151126j:plain

10%法をシックボーで実践

f:id:oncasikuchikomi:20200706151216j:plain

シックボーは、ディーラーが振る3つのサイコロの合計値が「大(11以上)」なのか「小(10以下)」なのかを予想するゲームです。

シックボーで、いろいろな種類があるベッティングに10%法を活用することができますが、ここでは最も一般的な「大/小ベット」を例に取り説明していきます。

現在の資金は90ドルであるのがお分かりいただけると思います。

f:id:oncasikuchikomi:20200706151313j:plain

ここでは最も一般的な「大/小ベット」に賭けます。

f:id:oncasikuchikomi:20200706151406j:plain

手持ち資金の10%(この場合90ドルの10%)9ドルを小(10以下)にベットしています。

勝負に勝てば18ドルを獲得、もし負けても81ドルの資金が手元に残っています。

f:id:oncasikuchikomi:20200706151500j:plain

f:id:oncasikuchikomi:20200706151920j:plain

見事に的中です!

資金が99ドルに増えました。

「大/小ベット」以外にも、いろいろなベッティングで応用が効く、汎用性の高い攻略法です。

・トリプルベットで10%法(1%法)を活用

トリプルベットは、サイコロ3つがゾロ目で、その数も当てなければならない難易度の高い賭け方です。

10%法を活用してベットすれば、資金が一気になくなる事はなく、合った場合は非常に大きなリターンを手にする事ができます。

予想的中はかなり難しいので、より長くゲームを楽しむためには、1%ずつを賭けるといった工夫も必要でしょう。

f:id:oncasikuchikomi:20200706152015j:plain

・エニートリプルで10%法(5%法)を活用

エニートリプルは、サイコロ3つがゾロ目であれば、どんな数値でも的中となるベット方法です。

前の項目で紹介したトリプルベットよりは、的中確率が高いので、10%を活用することでかなりの高配当を期待できます。

5%ずつを賭けていく事で、より長くプレイをたのしめますよ。

f:id:oncasikuchikomi:20200706152103j:plain

10%法をバカラで実践

f:id:oncasikuchikomi:20200706152152j:plain

バカラは、ディーラーが2枚づつのカードを「バンカー」と「プレイヤー」に配り、数字の合計の下一桁が「9」に近い方が勝利となるゲームです。

バカラの詳しいルールを知りたい方はコチラをご参照ください。

バカラで10%法を実践するには、 罫線(けいせん)を参考にすると良いでしょう。

罫線は、これまでの勝敗の傾向を読み取るための表で、うまく使って「バンカー」と「プレイヤー」のどちらに有利な流れなのか?を判断する目安にしてください。

f:id:oncasikuchikomi:20200706152259j:plain

例えば「バンカー」が連勝すると判断した場合、 持っている資金の10%を「バンカー」にベットします。(下の例では、90ドルの10%、9ドル)

f:id:oncasikuchikomi:20200706152347j:plain

予想が的中して、資金が107.55ドルに増えました!

仮に負けたとしても、ゲームを続けるだけの資金はまだ残っています。

f:id:oncasikuchikomi:20200706152435j:plain

10%法をブラックジャックで実践

f:id:oncasikuchikomi:20200706152524j:plain

ブラックジャックはディーラー(カジノ側)とプレイヤーの勝負です。

配られたカードの合計が、21に近い方が勝利となります。

ブラックジャックの詳しいルールを知りたい方は コチラをご参照ください。

ブラックジャックも同様に、資金の10%をベットします。
現在の手持ちは100ドルです。

f:id:oncasikuchikomi:20200706152618j:plain

100ドルの10%、10ドルをベットします。

ディーラー(カジノ側)に勝利すると、20ドルの配当を獲得です。

そのうえ、「ブラックジャック」が成立すると、配当は1,5倍に上がります。

f:id:oncasikuchikomi:20200706152719j:plain

負けが込んだとしても、常に90%の資金は手元に残るので、安心してゲームを楽しむことができます。

10%法をクラップスで実践

f:id:oncasikuchikomi:20200706152804j:plain

クラップスは、2つのサイコロを使いディーラー(カジノ側)とプレイヤーが勝負するテーブルゲームです。

オンラインカジノに数あるゲームの中では珍しく、プレイヤーがサイコロを振ってゲームを進行していきます。(サイコロの振り手(シューター)は順番に交代する)

以下に、クラップスのルールの簡単な解説をしてありますので、参考にしてください。

■1投目(カムアウトロールと呼ぶ)


・2つのサイコロの数字を合計し、「7、11」であれば、シューターの勝利(ウィン)。

・2つのサイコロの数字を合計し、「2、3、12」であれば、シューターの負け(クラップス)。


・それ以外の数字「4,5,6,8,9,10」が出た場合、勝負は2投目以降に持ち越される。

また、この時出た目を「ポイント」と呼び、2投目以降の勝敗を決定する数字となる。

■2投目以降


・数字の合計が、ポイントと同じ値の場合、シューターの勝利。

・数字の合計が、「7」の場合、シューターの負け。

・それ以外の数字が出た場合、ポイントか「7」の数字が出るまで、サイコロを振り続ける。

・自分を含む、同じテーブルのプレイヤーは、シューターが勝つのか、ディーラーが勝つのかを予想し、いろいろな賭け方にベットする。


ここでは「パスライン」(シューターの勝利)に賭けた場合を例にとり、10%法を活用する様子をみていきましょう。

f:id:oncasikuchikomi:20200706152903j:plain

1投目に「4,5,6,8,9,10」が出た場合、2投目以降に勝敗が決まります。
この時、賭け金を追加することができますが、その額は資金の10%になるように調整します。

f:id:oncasikuchikomi:20200706152948j:plain

1投目の数字(ポイント)を出すことができれば、シューターの勝利!

2倍弱の配当を手にすることができます。

f:id:oncasikuchikomi:20200706153033j:plain

今回の勝負で負けたとしても、軍資金はまだ手元に残っています。


10%法のメリットとデメリット

ここでは、10%法をゲームで実践する上でのメリットとデメリットを説明いていきます。

両方の面をしっかりと把握しておけば、より効果的に10%法を活用することができるでしょう。

10%法のメリット

10%法のメリットは、何といっても安定した資金運用ができる点です。

常に手持ちの10%を賭けることで、一瞬にして一文無しになる、ということはありません。

また、連勝した場合、獲得できる配当がだんだんと増えていくので、気づいたら大きな額に増えていたということもあるでしょう。

連敗しても、賭け金はだんだんと下がっていくので、損失のリスクも徐々に小さくなります。

10%法のデメリット

10%法のデメリットは、等倍配当(勝った場合、賭け金の同額が配当として払い戻される)の勝負で勝ちと負けを交互に繰り返すと、資金が目減りしていってしまう点です。

毎回一定の額を賭けた場合、勝ちと負けを繰り返しても、所持金は変わりません。

しかし、10%法を適用中に勝ち負けのパターンが続くと、以下のような結果になってしまいます。

※資金が¥50,000の場合

勝負の回数

賭け金

勝敗

資金

¥5,000

負け

¥45,000

¥4,500

勝ち

¥49,500

¥4,950

負け

¥44,550

¥4,455

勝ち

¥49,005

このように、たとえ2勝2敗で勝率が5割だとしても、資金は最初にくらべてマイナスになってしまいました。

しかし、10%法は多くの攻略法のなかでも資金の減少率が低い方法です。

それほど気にする点ではないでしょう。


10%法をルーレットで検証

ここでは「カジノジャンボリー」のルーレットで、10%法を用いた検証プレイをやってみました!

スタート時の資金は100ドルで、計10回プレイしてみます。

始めの賭け金は10ドルで、1ドル以下は切り捨てです。

賭ける場所は、常時「赤」を選びます。

・1回目:10ドルベット

f:id:oncasikuchikomi:20200706153211p:plain

黒に入ったので負けてしまいました。

次回の賭け金は9ドルです。

・2回目:9ドルベット

f:id:oncasikuchikomi:20200706153305p:plain

赤に入ったので、当たりです!

18ドル獲得で、資金は99ドルになりました。

10%は9.9ドルですが、1ドル以下は切り捨てなので、賭け金は9ドルです。

・3回目:9ドルベット

f:id:oncasikuchikomi:20200706153405p:plain

またしても黒に入ってしまったので、残念ですが負けとなりました。

これで資金は90ドルです。

次回の賭け金も9ドルになります。

・4回目:9ドルベット

f:id:oncasikuchikomi:20200706153534p:plain

黒に入ってしまったので連敗となりました。

しかし、いつも同じ額をベットするよりは、少しリスクが下がります。

次の賭け金は8ドルに減っています。

・5回目:8ドルベット

f:id:oncasikuchikomi:20200706153625p:plain

赤に入り勝利です!

2連敗のあとだけに、ホッとしました。

連勝を期待しつつ、8ドルを次回の勝負に賭けます。

・6回目:8ドルベット

f:id:oncasikuchikomi:20200706153713p:plain

黒の6。

期待どおりにならず、負けてしまいました。

「常に赤賭けする」という方針の変更も、頭をよぎります。

次回の賭け金も8ドルです。

・7回目:8ドルベット

f:id:oncasikuchikomi:20200706153757p:plain

黒に入り、またもや連敗となってしまいました。

つらいところですが、ずっと10ドルをベットした場合よりも、3ドル得しています。

リスクの軽減を感じ取れますね。

・8回目:7ドルベット

f:id:oncasikuchikomi:20200706153836p:plain

ここにきても黒。

3連敗となってしまいました。

あと2回で検証終了なので、マイナスは確定です。

それでも、あと2回の勝利を信じてゲームを続けていきます。

・9回目:6ドルベット

f:id:oncasikuchikomi:20200706153924p:plain

やっと赤に入り込んでくれました。

ひさびさの勝利です!

資金は72ドルに増え、最後のチャンスに望みをたくします。

賭け金は7ドルです。

・10回目:7ドルベット

f:id:oncasikuchikomi:20200706154008p:plain

最後は連勝で有終の美を飾ることができました。

結果的には、マイナス21ドルとなってしまいましたが、これをもとにいくつか考察してみましょう。

・勝負は4勝6敗で負け越しだった

今回は勝負運が悪かったようで、負け越してしまいました。

連勝、連敗のタイミングがすこし違えば、もう少し資金が残っていたでしょう。

反対に、もしも今回全て黒にベットしていたら、どうなったかをでしょうか?

・逆の黒に賭け続けたとしたら

f:id:oncasikuchikomi:20200706154057p:plain

黒に賭けていれば、3回目以降はずっとプラスのままでした。

特に6.7.8回目の3連勝はとても気分が良いですね?

資金も次第に増えているのがわかります。

<< 前のページに戻る

人気ランキング


賭け麻雀