ハーフストップ法のやり方や実例を解説|オンカジ口コミ.net|カジノ必勝法

トップカジノ攻略方法ハーフストップ法のやり方や実例を解説

ハーフストップ法のやり方や実例を解説

「ハーフストップ法」は、オンラインカジノで活用できる攻略法のひとつで、「ゲームを止めるタイミング」に焦点を絞った方法です。

ギャンブルの勝ち負けを左右する大きな要因のひとつに、「ゲームを止めるタイミングを正しく判断する」ということがあげられます。

ハーフストップ法は、「最大収益の半分を手元に残す」方法であるため、止めるタイミングを誤って収支がマイナスになるのを防ぐことができます。

ここでは、ギャンブルの大きなポイントである「ゲームを止めるタイミング」を判定する、ハーフストップ法のやり方や、ハーフストップ法を有効に使えるオンラインカジノゲームについて説明していきます。

のページは、「ハーフストップ法」以外にもたくさんの攻略法を紹介しているので、興味がある方はぜひご覧下さい。

ハーフストップ法のやり方

ハーフストップ法の基本となる考え方は、資金が最大収益の半分になったら、プレイ中のゲームを止める、という事です。

せっかく勝っているのに「止め時」を見失って「結果的にマイナスになってしまう」というような事が多い人に、おすすめの攻略法です。

このルールをしっかりと守ってプレイできれば、最大収支の半分は必ず手元に残すことができますよ!

次の動画では、スロットゲームのプレイを例に上げて「ハーフストップ法」をわかりやすく説明しています。

記事と合わせて、ぜひ参考にしてください。

ハーフストップ法の手順

①最初に、プレーするゲームを決めます。

この攻略法は、どんなゲームにも適用することが可能です。

②ゲームで利用できる資金を設定します。

この例では200ドルです。

③ゲームのプレーを始めます。

④順調に資金が増えていれば、そのままゲームを続けます。

金額に上限は有りません。

⑤負けが込んできて、収益が減ってきたら要注意です。

その場合、「収益が最大になったときの半額まで減ったら」ゲームを止めましょう。

具体的には、収益が最大で1,000ドル(資金1,200ドル)まで伸びた場合、負けが続いて500ドル(資金700ドル)まで収益が減った時点で、ゲームをストップします。

⑥一時的に資金が減ったとしても、その後に盛り返して、最大収益額を更新したら、その金額の半分を改めて設定し直し、この金額まで収益が減ったらゲームを終了します

⑦3~6を繰り返します。

どのゲームで遊んでも、かまいませんし、ベットする金額や、ベット方法についても制約はありません。

収益が半分になったら、ゲームをストップすることで、最高収益の半額が確実に手元に残ります。

長時間のプレーで疲れてしまい、「冷静さを無くして最良の判断ができなくなる」のは良くあることです。

・それまで勝っていたのに、悪い流れになってもゲームを止められなくなる。

・だんだんと金銭感覚がマヒしてきて、ふと気づいたら大きな金額をベットしていた。

誰でもこのような経験を、一度はしたことあるのではないでしょうか?

ハーフストップ法の重要な点は、このような状態になったら、強制的にゲームを終了する部分にあります。

ゲームを再開するのに良いタイミングは、人それぞれでしょう。

「自分は、もう十分に冷静さを回復した!」と思ったときこそ、再開のチャンスです。

「10分あればOK」という人もいるでしょうし、「買い物をして気分をリフレッシュしたらOK」という場合もあるかもしれません。

「もう大丈夫!」と思って、ゲームを再開した後も、「本当に自分が冷静なのか?」という点に、注目しておいてください。

「やっぱり、まだ冷静さを回復し切れていない」と思ったら、無理せずゲームを中断しましょう。

ハーフストップ法の特徴

以上のように、ハーフストップ法の優れている面は、たとえ最大の収益からマイナスに転じてしまっても、その半分は手元に残ることです。

ギャンブルでは、何といっても「止めるタイミング」を見極めることが大切ですね?

ハーフストップ法を活用し、ほどよく勝負を切り上げて、プラスの収益を確保してください。

「必ず半分になったら止める!」という意思の強さがが必要ですが、「一服したいからゲームを中断する」、「他のゲームをやりたいからこの勝負を止める」など、軽い気分に考え直す事ができれば、実行するのにそれほど難しいことではありません。

ハーフストップ法をオンラインカジノで活用するための練習問題

ハーフストップ法を理解できたでしょうか?

それでは、ハーフストップ法をオンラインカジノで活用できるように練習問題を解いてみましょう。これに正解できれば、もう大丈夫です!

練習問題1


ハーフストップ法を用いて、オンラインカジノで勝負したいと思っています。

どのゲームが、ハーフストップ法の実践に一番適しているでしょうか?


1 スロット

2 ポーカー

3 ルーレット

4 すべてのゲームに有効


ハーフストップ法は、どのゲームでも有効に活用する事ができます。

「収益が最大だった時の半分まで減ったら、ゲームを止める」という方法です。

練習問題2


200ドルの資金で、ブラックジャックをプレーし、ハーフストップ法を実践しています。

今日は気分的にも絶好調で、連敗したあとも、すぐにブラックジャックを連続で引いたりと、まったく負ける気がしません。

資金も順調に400ドルまで増えました。

現在は、少し流れが悪く300ドルまで負けが込んでしまいましたが、この後挽回できる自信しかありません。

ハーフストップ法では、ここがゲーム中断のタイミングですが、こんな場合はどうしたらよいでしょうか?


1 おとなしくやめる

2 勝てそうなので続行

3 10分ほど休憩して、そのあと続行



ハーフストップ法では必ず、収益が最大時の半額になったら、勝負をストップします。

どれほど、気分が乗っていて「絶対勝る!」と思っていても、ゲームを中断する強い意思を持ちましょう。



練習問題3


300ドルの資金で、ビデオスロットをプレイしています。

着々と勝利を積み重ねて、手持ちが400ドル(プラス100ドル)まで増えました。

しかし、ここから徐々に負けだして、現在の資金は200ドルに減ってしまっています。

ハーフストップ法をしっかりと実践していたら、どのタイミングでゲームを止めることができたでしょう?


1 400ドル

2 380ドル

3 350ドル



ハーフストップ法では必ず、収益が最大時の半額になったら、勝負をストップします。

この場合、「最大収益」は400ドルのときで、始めの資金から考えると+100ドルです。

つまり+100ドルの半分である+50ドルのとき(資金が350ドルのとき)にゲームを止めることができたのです。


ハーフストップ法のメリットとデメリット

以上のように解説してきたハーフストップ法ですが、どんな攻略法でもメリットとデメリットをしっかり理解してプレイする事が、大変に重要になります。

大きな勝ちを狙うための攻略法ではなく、マイナスの部分も想定し、堅実に利益を上げるための方法です。

この点を良くふまえて、ハーフストップ法のメリットとデメリットを押さえて置きましょう。

■メリット

・どんなゲームでも、活用する事ができる

・ほかの攻略法と組み合わせて使う事ができる

・リスク管理を意識したゲームプレイをすることができる

■デメリット

・資金を増やせなければ意味がない

・止める時が最高収益ではない

・そのため「あのとき、やめていればよかった」といった後悔がのこる可能性がある

「ギャンブラーの心構えである」と言い換えても良いような攻略法なので、ゲームの種類やプレイヤーの実力などに縛られず、幅広く活用できる方法です。

「ギャンブルでは、(勝つ)よりも(逃げ)る方が大事だ」、という一面もまた事実です。

ハーフストップ法で自分の欲望をコントロールして、冷静で堅実な勝利をめざしましょう!!

<< 前のページに戻る

人気ランキング


賭け麻雀