オンラインカジノに税金がかかる条件と計算方法や確定申告での支払い方|オンカジ口コミ.net|カジノ必勝法

トップカジノFAQオンラインカジノに税金がかかる条件と計算方法や確定申告での支払い方

オンラインカジノに税金がかかる条件と計算方法や確定申告での支払い方

f:id:oncasikuchikomi:20200925155353j:plain

f:id:oncasikuchikomi:20200925155426j:plain

オンラインカジノで手にした賞金でも、ある一定以上の金額に対しては、税金を納めなければけくなるのをご存知でしょうか?

「え!?そうなの?」と思った方は、この記事をぜひ一読していただきたいと思います。

基本的には、オンラインカジノで大勝ちすると、税金がかかってしまう可能性があるという事です。

カジノで大勝ちした賞金は「一時所得」という扱いになり、これに対しては税金を納めなくてはなりません。

オンラインカジノの賞金以外にも「競馬や競輪の払戻し金」などが、この一時所得に該当します。

競馬や競輪で勝った場合に「税金を納めた」と言う話は、それほど耳にしませんね。

オンラインカジノで稼いだ賞金も、「競馬や競輪の賞金と同じ扱いになるのでは?」と考えられるので、税金がかからないと思いがちですが、そうではありません。

なぜ、オンラインカジノの賞金にだけ、納税の義務が生じるのか?疑問は絶えないと思いますが、まずはどのような条件を満たすと納税しなければならなくなるのか?や、税金の計算方法、そして支払い方法から説明していきましょう。

なぜ、オンラインカジノの賞金に税金がかかるのか?の理由については、最後にご紹介します。



オンラインカジノの賞金に税金がかかるケース

f:id:oncasikuchikomi:20200925155532j:plain

ではさっそく、どのような場合にオンラインカジノの賞金に、納税義務が発生するのかを説明していきましょう。

カジノゲームをプレイしている方の中で、確定申告が必要になるのは、その年の1月1日~12月31日の間に50万円以上の賞金を獲得した人です。

前の章でも触れましたが、オンラインカジノで獲得した利益は「一時所得」に分類され、その計算式は以下のようになります。

一時所得 = 総収入額 ― 総支出額 ― 特別控除額(最高50万円)

この式からもわかるように、特別控除額が最高50万円まで認められているので、利益が50万円以下であれば、納税しないでも構いません。

ただし注意が必要なのは、「損失分は支出として認められない」という点です。

要注意!ギャンブルの負けは支出ではない!

では具体例を挙げて、「損失分は支出として認められない」とは、どういうことかを説明します。

【例】あるプレイヤーのオンラインカジノで得た収益(1/1~12/31)

日付

プレイ内容

利益/損失

1月3日

10万円を賭け、

50万円を獲得

40万円の利益

6月15日

15万円を賭け、

5万円を獲得

10万円の損失

8月13日

5万円を賭け、

40万円を獲得

35万円の利益

9月2日

8万円を賭け、

3万円を獲得

5万円の損失

12月30日

10万円を賭け、

20万円を獲得

10万円の利益

では計算式に当てはめて、このプレイヤーの一時所得を割り出してみましょう。

一時所得 = 総収入額 ― 総支出額 ― 特別控除額(最高50万円)

総収入金額は(40+35+10)=85万円となります。

問題の総支出額ですが、オンラインカジノで負けたとしても、その損失分は一時所得の支出額に加えることはできません。

このプレイヤーのケースでは、6月15日に15万円の資金で10万円の損失を出し、9月2日に8万円の資金で5万円の損失を出していますが、この(15+8)=23万円の支出は、一時所得の計算に組み込むことができません。

一時所得の計算で使える数字は、あくまで利益が上がった場合の支出のみです。

具体的にはこのプレイヤーの場合、一時所得を求める式は以下のようになります。

総収入額(85万円)― 総支出額(25万円)― 特別控除額(50万円)

= 10万円(一時所得)

負けたときの支出を計算に入れてしまうと、間違った値になってしまい、悪意はないのに申告漏れをしてしまうことも考えられます。

追徴課税などになってしまうと大変面倒なので、オンラインカジノでの一時所得の計算は間違いなく行うようにしましょう。

■所得税は実際にいくらかかる?

所得税の計算式は、以下のとおりです。

所得税=一時所得×1/2

一時所得の半分が所得税なので、一時所得が10万円だとすると、納める所得税は、5万円ということになります。



オンラインカジノの税金はいつ、どのように払う?

一時所得の納税は、毎年2月16日から3月15日までの1か月間受け付けている、確定申告で行います。

ただし土日と重なる場合は、何日か前後する可能性もあります。

確定申告に必要な書類は、源泉徴収票やオンラインカジノから発行してもらう支払調書で、

所得や勤務形態などによって多少変わりますので、詳しくは税務署で確認してみてください。

収入が予想以上に膨らんだ場合は、専門家の税理士に相談するのが、安心で確実です。



オンラインカジノだけなぜ税金がかかるのか?

パチンコや競馬をしている方は分かるかもしれませんが、「大きな賞金を獲得した人が税金を納めた」という話は、ほとんど耳にしません。

事実、パチンコや競馬で50万円以上の収入を得ていても、確定申告による納税を実行している人はほとんどいないのが現状です。

しかし、パチンコや競馬で得た高額の賞金にたいしても、納税の義務が課せられます。

パチンコや競馬など、カジノ以外のギャンブルは、現金での払い戻しを行っているため、公的な記録が残りません。

そのために、税務署側がお金の動きを厳しく追及していくことが困難で、取り締まりをするのが難しく、正確には「見逃してもらっている」という方が当てはまっているでしょう。

これに対してオンラインカジノの場合は、銀行振込での払い戻しや、ATMによる引き出しなど、公的な記録に残るため、税務署もしっかりとお金の動きを確認することができます。

そのため、きちんと納税するように、と注意喚起することが可能なのです。

<< 前のページに戻る

人気ランキング


賭け麻雀