悪質オンラインカジノに騙されないために|見分けるためのポイントや問題を起こしたカジノを紹介|オンカジ口コミ.net|カジノ必勝法

トップカジノFAQ悪質オンラインカジノに騙されないために

見分けるためのポイントや問題を起こしたカジノを紹介

日本人向けのオンラインカジノは、業界が未成熟のため、現在オンラインカジノの数もそれほど多くありません。

しかし海外では、ギャンブルが違法ではなく正式に認められている国もたくさんあり、非常に多くのオンラインカジノサイトが存在しています。

注意すべきは、全てのカジノが健全な運営をしているわけではなく、中にはソフトウェアを不正に操作したり、イカサマ行為に及んだり、勝利金を払い戻さないなどの、悪質なオンラインカジノもたくさんあるのです。

ここでは、悪徳オンラインカジノを見分けるポイントや、過去に悪質な問題を起こしたオンラインカジノなどをまとめて紹介していきます。



1.悪質オンラインカジノの注意点:こんなカジノに気を付けて!

一言で悪質なオンラインカジノと言いますが、違法な手段でお金を吸い上げるために、彼らはさまざまな手口を使ってきます。

サポートの反応が遅い、ソフトのバグが多いなどはまだ良いほうで、もっと悪質なものになると、イカサマをするようにソフトが組まれていたり、支払いに対応せず、告知なしでいきなりサイトを閉鎖するような信じがたいカジノもあります。

悪質なオンラインカジノで、実際に起きた問題をリストアップしましたので、これらのポイントをチェックして、当てはまっているようなオンラインカジノがあれば、十分に注意してください。

・サポートの返信が非常に遅い、あるいは全くない

・払い戻しが遅れる(時間がかかる)、あるいは払い戻しが行われない

・バグの多いソフトや不正な(イカサマ)ソフトを採用している

・アカウントを削除凍結(ロック)して、問い合わせに全く応じない

・ライセンスを与えられていない

・嘘のボーナス情報を通知、または提示された条件と違っている

・「ボーナス乱用者」の指定をカジノの都合で行っている

・後から利用規約を付け加える

・運営者情報(会社概要)が明記されていない

2.過去に悪質行為やイカサマなどを行ったオンラインカジノ一覧

過去に、悪質行為やイカサマ行為が発覚したオンラインカジノをまとめました。

使用しているソフトウェアが、疑わしいものである場合は、その旨を記載しています。

特にプレイテックやRTG(リアルタイムゲーミング)系列のソフトウェアは、審査が甘いため注意が必要で、悪質カジノにも数多く紛れています。

このような点をチェックして、慎重にプレイするカジノを選びましょう。



Lucky Gambler Casino

【日本語対応注意】旧スターネット系

African Palace Casino

【日本語対応注意】支払い遅れ/プレイテック系

American Grand Casino

不払い/RTG系

Angelciti Casino(現Shark Casino)

不払い/顧客情報漏洩

Black Widow Casino

【大手につき注意】プレイテック系

Casino4aces

不正(イカサマ)ソフト使用/Casino Bar系列

Casino Bar

【大手につき注意】不正(イカサマ)ソフト使用

Casino Extreme

【大手につき注意】RTG系

Casino Neo Max

【日本語対応注意】不払い

Casino On Air

【日本語対応注意】不払い

Cleopatra’s Casino

不払い/RTG系

Club Mardi Gras Casino

不払い/RTG系

Crystal Palace Casino

不払い/RTG系

Cub Regal Casino

不払い/RTG系

Grand Banks Casino

【大手につき注意】プレイテック系

Indio Casino

支払い遅れ/プレイテック系

Ix Casino

不正(イカサマ)ソフト使用

Kiss Casino

不払い/RTG系

Magic Oasis Casino

【大手につき注意】

Prism Casino

悪評多数/RTG系

Roman Casino

不払い/カードに不正請求/独自ソフト

Shark Casino(元Angelciti Casino)

不払い/顧客情報漏洩

Silver Vegas Casino

不払い/Vegas MVPと同グループ

Sterling House Casino

【大手につき注意】プレイテック系

The House Wins

AngelCitiグループ(不払い/顧客情報漏洩あり)

Vegas MVP Casino

ジャックポット支払い拒否

Vegas Riches Casino

不払い/悪評多数/RTG系

World Gem

【日本語対応注意】勝ちを無効化/不払い

Zex Casino

不正(イカサマ)ソフト使用

3.日本語対応のオンラインカジノは安全か?

日本人なら誰でも思うでしょうが、英語だけしか使われていないサイトよりも、日本語に対応しているオンラインカジノの方が、より安心感をおぼえるのではないでしょうか。

しかし、日本語対応のサイトだからというだけで、安全とは限りません!

最悪の場合、日本人狙いの詐欺である可能性もありあす。

過去には実際に、日本語対応カジノで不正行為が発覚し、摘発にまで及んだ事例がいくつか見られます。

日本語対応というだけで安心せずに、このオンラインカジノが信頼できるかどうかを必ず確認しましょう。

また、運営の拠点が日本国内にあるオンラインカジノは、その存在自体が完全に違法です。海外での運営をうたっていても、実態は日本で運営していた、という事態が起きていますので、幅広く情報を集め、総合的に判断するようにしてください。

■日本語対応のオンラインカジノで過去に悪質行為があった事例

●お台場カジノ

akushitsu_case1

お台場カジノは、日本語に対応したオンラインカジノとして、かつて実在していましたが、2009年に突如閉鎖し、顧客の残金も支払われないまま今に至っています。

突如閉鎖と説明はしましたが、経過をたどれば、その兆しのようなものが少しずつ表れていたのです。

2009年初旬ごろに、払い戻しにかかる時間が、サイト上で明記された情報よりも、長くかかる様になってきました。

同じ年の8月には、サイトをリニューアルしましたが、すぐにログインできなくなるという不具合が起こるようになります。

サポートの説明によると、システム障害とのことでしたが、キャッシャーに入ることができないため 、残高の払い戻しさえできない状態です。

ついに同年末には、サポートからの返答も完全に途絶え、残高未払いのまま「夜逃げ」のような状況で、この一件は幕を閉じることとなりました。

どのような経緯で、サイトを閉鎖するにまで至ったのか、本当のところは今もわからないままです。

こういった事件の後から、お台場カジノが採用していた、プレイテックや、ファーストカガヤンライセンスなどのソフトウェアの信頼性が、一部で疑問視されるようになりました。

ドリームカジノ

akushitsu_case2

日本国内で、オンラインカジノを運営していた事により、初めての逮捕者がでた事例となったのが、このドリームカジノです。

2016年6月10日に、運営者5人が常習賭博容疑で逮捕されました。

カジノサイト自体は、海外のサーバーで構築されていましたし、会社概要も記録上は海外法人でしたが、実際に運営をしていた会社は日本国内にありました。

サポートが英語に対応しておらず、日本語のみであったことから、警察側は国内に拠点があるとの見方を強めたようです。

この件で逮捕されたのは運営側のみで、プレイヤーから逮捕者は出ませんでした。

残金の払い戻しについては、他のオンラインカジノを通して、後日返金手続きが行われました。

サイトの会社概要と、運営の実態が食い違っているので、判断のしようはありませんが、このような可能性があるということも頭に入れておいた方が良いでしょう。

スマートライブカジノ

akushitsu_case3

この事件は少し特殊な事例で、スマートライブカジノ自体に違法性はありません。

ただ、「日本国内でオンラインカジノをプレイする危険性」という観点から、この一件を紹介しておきます。

スマートライブカジノといえば、日本国内にいながら海外のオンラインカジノで遊戯した容疑でプレイヤーが逮捕された事件として、覚えている方も多いのではないでしょうか。

逮捕の判断をくだす上でポイントとなったのが「日本人ディーラーと日本語で会話しながらプレイできる」という点。

警察側は、この点を「日本人専用のカジノを日本国内でプレイした」とみなしたようです。

海外のオンラインカジノを、日本人がプレイするのを取り締まる法律が、現在は存在しないため、最終的に不起訴処分で終わっています。

しかし、こにのように多少強引な形で逮捕されることもあり得るのです。

実際、この一件に関して警察側の思惑は、「初のプレイヤー逮捕」というニュースで、カジノ遊戯に対する牽制をしたかったのだろう、という風にもささやかれています。

日本語対応など、日本人にとって安心なオンラインカジノに、つい引かれがちですが、日本人にとって親切であればあるほど、プレイヤーのリスクも高まる、ということも理解しておきましょう。



4.より安全な、オンラインカジノを選ぶためには

悪質なオンラインカジノに引っ掛からず、より信頼できるオンラインカジノを選ぶために、特に重要なチェックポイントは以下の3つです。

1.信頼できるライセンスを取得しているか

2.監査機関が監査に入っているか

3.支払い実績が良好か

1. 信用のおけるライセンスを持っているか

ライセンスは「運営が合法であるかどうか」とういう最低条件を満たしていて、イカサマのない健全なカジノ運営が行われている、という一つの基準を示す指標でもあります。

ライセンスは発行する国によって、審査基準が変わるため、ソフトウェアなどの信頼性においては、ライセンスを取得していても「絶対に安全である」と、保証されているわけではありません。

「ライセンス取得=100%信頼して良い」というわけではないことに注意しましょう。

ライセンスの発行元は、オンラインカジノのトップページや運営情報などで確認可能です。

2. 監査機関による監査が行われているか

ライセンスの次に重要なのが「監査機関の有無」です。

監査機関は「対象となるオンラインカジノの運営が公正であるか」を、第三者の立場から定期的にチェックする組織です。

不正やイカサマなどの疑いがあるソフトウェアを使っていないか、きちんとした公正な運営が行われているか、などといった運営の質に関わるチェックは、この監査機関が行っています。

つまり、きっちりと監査が行われているオンラインカジノは、信頼がおける可能性が高いと言って良いでしょう。

しかし中には、監査機関が入っていなくても、正しく運営されているオンラインカジノもありますので、あくまで一つの目安であると考えてください。

監査機関の有無は、ライセンスと同様に、オンラインカジノのトップページや運営情報などで確認可能です。

3. 支払い状況の確認

カジノはお金を扱うゲームなので、獲得金の払い戻しが重要なのは言うまでもないでしょう。

支払いがしっかりと行われているか、手続きの度に確認するのが理想です。

支払いが行われないなどは問題外ですが、過去の事例からも分かるように、「支払いの遅れ」にも十分注意が必要です。

健全な運営が行われていれば、支払いが遅れることはまずありませんので、運営元の経営状況が悪化している可能性が考えられます。

支払いが問題なく行われているか?のチェックは、運営状況を把握するための有力な手掛かりとなることを覚えておきましょう。



<< 前のページに戻る

人気ランキング


賭け麻雀